スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間遊び







僕の前には君がいた




僕の後ろには太陽がいた




僕より小さい君には日が当たらず




地面には一人分の影しか映されていなかった




























人が時計を持つようになったのは



17世紀後半



教会が定めた塔時計の時間に合わせ労働時間が決められていた頃



教会に騙されて不当に長く働いていると反乱を起こした時



個人用の懐中時計を作り出し それに合わして生活するようになった



教会の鐘は不必要に鳴り響き 人は時間を手に入れた










DSCN0832.jpg










決められていた時間から解放され



全てを縛っていた塔時計から解放され



世界を手中に入れていた気分だっただろう



もう教会の言いなりになって働かなくて良い



自分の時計が示す時間を信じればいい と










main.jpg











時計の分解は難しくない



丁寧に扱い



慎重に一つずつバラしていけば



たったこれだけの部品で構成されていると解る



たったこれだけの部品が時間を作り



たったこれだけの部品が世界を制している









train.jpg










たったこれだこの部品に縛られて



たったこれだけ部品に解放されたと思って



たったこれだけの部品に従って



働いて



寝て



働いて



寝て



繰り返して過ぎていく時間










brance.jpg











時間が規制を作り



規律が規則を作り



規則が世界を作った



それに従い



それが自由だと思い生きている











ancle.jpg












人が時計を持つようになったのは



17世紀後半



教会が定めた塔時計の時間に合わせ労働時間が決められていた頃



教会に騙されて不当に長く働いていると反乱を起こした時



個人用の懐中時計を作り出し それに合わして生活するようになった



教会の鐘は不必要に鳴り響き 人は時間を手に入れた



だが、今度はそれに縛られ



得たはずの時間に自由を奪われ



自ら規則を作り上げた



そしてそれに従い生きている



規則により作られた時間ではなく



時間により作られた規則に縛られながら・・・














DSCN0842.jpg

       1780年代 フュジー式バージ脱進器 "Johnson London N.1626" 



















| Home |

Comment

ほらよ
http://otonanokagaku.net/magazine/vol28/index.html

これに合わせて生きるといい

Write comment


 

Track back

Track back URL
http://clowncross.blog103.fc2.com/tb.php/252-855d87c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。