スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAKER








「自分が出来る事」が「他人には出来ない事」に変る時



それは武器から盾へと変わる 



見せる物ではなく、誇る物になる成る



そう教えてくれたのは



何でもできるスーパーマンだった



他人がしないような事を出来たと喜んで



ちっぽけなことを誇っていた自分を褒めてくれたのは



何でもできるスーパーマンだった

































久々に工作の時間



地味に記事長いです



読み飛ばし推奨

























三菱PMC3



純銀粘土



アートクレイシルバーというPMC3と似た物がありますが私はPMC3派




25gで5030円! たっけぇ!












DSCN1021.jpg











出かけた時 いい感じの指輪が展示されてて



売り物じゃないのかと聞いたら展示サンプルだからムリぽといわれ涙目になったので作ることに



最近暇だし 面白そうだからやってみようと思ったのが大きな間違い



意外とメンドクサイ銀粘土



銀粘土は銀にバインダーと呼ばれる粘土質を混ぜて粘土状にしたもの らしい



コネコネして形作って乾燥させて焼くとバインダーだけが燃焼して後には銀だけ残るって言う



わぁー 粘土感覚で素人にも簡単ダNE! 



と宣伝文句があったにもかかわらず何これ作ってるとイライラする



すぐ乾燥するしひび割れるし思い通りの形にならないし



いや 腕が無いだけか















DSCN1014.jpg
















一個目にベルトっぽい指輪を



こういうの欲しかった



拘束系



大好きです



伸ばしてクルって回して尾錠作るだけ これは簡単



ただフリーで大きさ作ったから焼成後にサイズが変化して指に入らない事態



銀粘土は焼成(バインダーを燃やして銀だけにする)時に10~18%くらい縮むらしいです



製品によって収縮率が違うらしいけどPMC3はそのくらい



普通はその収縮率を考えて号数合わせたり専用のケージ使ったりするのですが



まぁめんどいので後で調整できんだろ的なノリで作ったら相当縮みましてね



薬指に入れようと思ったのに第一間接でピッタリなくらいになっちゃいましてね



ひたすら内側を削る作業に



最初に合わせて作った方が数倍楽です



焼成後の銀粘土舐めてた すみません



この削るのが一番だるかった



金属の中じゃかなり柔らかい方なんですけどネー



逆に柔らかすぎてヤスリの目に粉が詰まってヤスリの意味がなくなってしまうって言う



途中余りにもめんどうになったのでリューターでダイヤモンドポイント使って強制切削



ハハッ! 銀がゴミのようだ!
















1549771738_70.jpg














で 



完成



ラテのラダリングっぽいと定評



だって真似たもん(



サイズがギリギリなので入ることには入るけど



外すには石鹸水必須に



まぁ付ける事ないしいいだろうと



尾錠もう少し細かく作ればよかったなーと反省



仕上げがしょぼいのは疲れたからしてないだけです



売るわけでもないしまして付けて出歩こうとも恥ずかしくてしないからまぁいいや



気が向いたらしよう



















2個目



今度はファスナーっぽい指輪



ジーって開け閉めするやつ



この時点で机が凄い惨状



大体どこも作業中ってこんな感じですよね



雪崩が起きるのはよくあることです













DSCN1028.jpg














この指輪が厄介で・・・



ファスナーの爪を一つ一つ削りだして貼り付けて焼くって言うだけ筈が



構想的に脆弱なのか欠陥なのか焼成の時ヒビが入りまして



それに加え焼成時の熱で全体的に歪みが生じて楕円になってしまい



本来なら歪まない為にセラミック製の心材を使用するのですが



まぁ面倒で使わずに歪んだら叩いて直せばいいじゃん的なノリで作って案の定歪んだので叩いたら



砕けました



ボロっと



久々にヨダレでた



びっくりして



砕けたのを元通り合わせてくっつかないかなーとか3分くらいやって飽きたのでさらに粉々にしてやった



因みにココまで掛かった時間は約3日



ファスナーリングだけで



一つ一つ作った爪とか結構疲れたなー とか



ひび入らないように削るの怖かったなー とか



上手く仕上げられてちょっと嬉しかったなー とか



全部ぶち壊し



ハハッ 苦労がゴミのようだ!











数時間ぁーぅー言いながら寝て



でも何か腑に落ちないのでもう一度材料買いに



作り直しました



5030えん! たっけぇ!









今度は失敗を生かしてリングゲージをお買い上げ



親指用なので大き目の18サイズ



これで!歪ま!ない!










んで



またチマチマ爪作ってチャック部分も作って貼り付けて削って調整して磨いて綺麗に整えて



ケージに合わせて焼いたらひび入った(○´ω`○)









歪まない・・・ 歪まなかったけどさ・・・



どうやら収縮率の問題でセラミックの心材は変化無いけど



銀粘土は縮まるわけで



心材を締め付けるようになって限界に達し亀裂が生じた感じ



二度目の敗北



心材の説明書にはそんなことかいてなかったもん・・・



むしろ平気だって書いてあったもん・・・



三菱め・・・・・・・・









悔しくてもう一回チャレンジしよう色々調べたら油性ペーストだと焼成後のひび割れに対応できるという



魔法の液体の存在を知った



それを使うと治るらしい



ということで早速お買い上げ



今まで使っていたのは水生の自作ペーストだったのでダメだったけど



焼成後に使えるってことは最初に砕けたのも治るかもって言う事に



で 試してみたら治りました



最初から油性ペースと買っとけよって言う・・・



わざわざ作り直す必要なかった・・・



むしろ時間と労力返せ・・・



ちゃんと調べてから作るべきデスネ・・・・・
















DSCN1029_20100812160734.jpg















んで



まぁ色々飛ばして完成



砕けたのも治って2コ出来た



あいかわらずくぉりてぃひっくいですけど



一応ファスナーのつもり



サイズがまたしてもピッタリすぎて



外すには石鹸水必須



というか無理に外したら折れそうで怖い 指輪の方が














DSCN1041_20100812160732.jpg













何かもー仕上げとかなんとか考えるのヤなくらいだるかったのでほぼ放置



何か引き出しに入ってた何年前のか解らない結晶化してた硫化液に漬けたら紫とか青とかになった



うわきめぇ状態になったのでそのまま磨いて放置



これでいいや



因みにまだ刻印入れてないけどその内気が向いたら入れます



なんて入れるかまだ考えてないけど











今回使った道具さんたち



リューター大活躍



一家に一台便利だね









道具











銀粘土久々だったけどやっぱり地金から彫金した方が数倍イイ



質感も作りやすさも慣れも



銀粘土は軽い脆い



そもそもワックスで作るような構造を銀粘土でやるっていう方が馬鹿だけど



バーナーとローラーがあれば是非地金から作りたい



それか今度ワックスで試してみようとか



キャストは業者に頼めるらしいし



でもワックスは金属というかプラモデルに近い感じがして「彫金」と呼べるのかどうか・・・



でも今では殆どがワックス製法のばっかりらしいですけどネ・・・








まぁもう暫く作るのイイや めんどうあきたつかれる
































| Home |

Comment

お久しぶりです^p^
指輪かっけえええええええ∑(゜Д゜ )
特にファスナー!神!

そして今頃すぎるんですが名前なんて読むんですk(殴

Write comment


 

Track back

Track back URL
http://clowncross.blog103.fc2.com/tb.php/254-bb1b450f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。